自動車リサイクル法について

廃車は損です。というのも・・・


不動車でも買取ってくれる業者がたくさんあるからです!
廃車する前に8割以上の方が査定を受けているといっても過言ではありません。

⇒動かなくなった車を売る場合はこちら

自動車リサイクル法と料金について

不動車,売る,リサイクル

車の総重量の80%はリサイクルされ、残り20%は

シュレッダーダストとして埋め立て処分されています。

 

ただ、埋め立てるためのスペースが減り、処分費用も
高くなったため、不法投棄が増えてきました。

 

そこで、2005年に自動車リサイクル法が施工されました。

 

自動車リサイクル法とは?

 

これはメーカーや輸入業者に対してフロン類、
エアバッグ類、シュレッダーダストの引取りと
リサイクルを義務付けているものです。

 

処理にかかるリサイクル料金は、車の所有者が負担します。

 

この費用は、資金管理法人が預かり、
管理し、廃車するときに使われます。

 

リサイクル料金の内訳

 

リサイクル料金は、車種やエアコンの有無、
エアバッグの数などによって変動します。

 

自動車メーカーや輸入業者が1台ずつ金額を設定しています。

 

内容

料金

シュレッダーダスト

6000円〜18000円程度

エアバッグ

フロン類

情報管理

130円

資金管理

380円(廃車時に預託する場合は480円)

 

リサイクル料金の支払いと受け取り方法

 

基本的に、リサイクル料金は新車購入時に支払います。

 

自動車リサイクル法が施工される前、つまり
2005年以前に購入した車は、車検や廃車の
タイミングで料金を支払うことになります。

 

すでに支払いを済ませた車を売る場合には、車両の価値
金額に加えてリサイクル料金を受け取ることができます。

 

また、不動車の買取専門業者で愛車を買取ってもらうと、
リサイクル料金が返ってくることがあります。

 

多くの場合、業者に引き渡した車は海外に輸出されます。

 

その際にリサイクル料金が返ってくることになります。

 

なお、取り戻し手続きができる期間は、車を
輸出した日から2年間ですので注意しましょう。

愛車の査定は相見積もりで!

「車を車庫から移動したいけど、車検切れだから動かせない」
陸送費用をかけずに無料出張買取で解決しましょう!

⇒無料でかんたん超スピード査定はこちら