自賠責保険で得する

廃車は損です。というのも・・・


不動車でも買取ってくれる業者がたくさんあるからです!
廃車する前に8割以上の方が査定を受けているといっても過言ではありません。

⇒動かなくなった車を売る場合はこちら

自賠責保険の還付金について

不動車,売る,自賠責保険,還付,返金

国内で車を所有するには、自賠責保険への加入が必須です。

 

これは、交通事故を起こしたときに、
被害者への補償としての役割があります。

 

車を廃車するときは余分に支払った額を還付してもらえます。

 

ここではその金額の計算方法や手続き
方法、必要書類について説明します。

 

自賠責保険の還付金額は?

 

還付手続きの翌月〜保険の有効期間までの月割

 

廃車手続きをした翌月ではなく、加入している保険会社へ
還付手続きをした翌月からの月割ですので注意しましょう。

 

例えば以下のような計算式になります。

損保ジャパン日本興亜の場合

 

契約期間 : 〜2016年1月
還付手続き日 : 2014年10月
自賠責保険料 : 27840円(2年契約)

 

27840円÷24ヶ月×15ヶ月(2014年11月〜2016年1月)

 

この計算式を求めた17400円が還付金額になります。

 

自賠責保険金の還付手続き

 

自賠責保険金の還付手続きは、加入している保険
会社に直に解約手続きをしなければなりません。

 

抹消登録の手続きをしても、保険を解約した
ことにはなりませんので注意が必要です。

 

車を廃車したらできるだけはやく還付手続きを行いましょう。

 

月をまたぐとその分還付金額が小さくなってしまいます。

 

自賠責保険解約時の必要書類

 

  • 自賠責保険承認請求書
  • 運転免許証(コピーでも可)
  • 自賠責保険証明書
  • 認印

 

上記に加えて、普通車と軽自動車でそれぞれ必要な
書類が異なりますので、よく確認しておきましょう。

普通車の場合

 

・登録事項等証明書または解約事由証明書

 

※永久抹消登録・一時抹消登録・解体届出の
 手続き後、運輸支局で受け取ります。

 

・登録識別情報等通知書

 

※一時抹消登録の手続き後、運輸支局から交付されます。

軽自動車の場合

 

・検査記録事項等証明書または解約事由証明書

 

※解体届出・解体返納・一時使用中止の手続き後、
 軽自動車検査協会で受け取ります。

 

・自動車検査証返納証明書

 

※一時使用中止の手続き時に申請・交付されます。

 

保険会社によって必要な書類が異なりますので
手続きの前に直接確認するようにしましょう。

愛車の査定は相見積もりで!

「車を車庫から移動したいけど、車検切れだから動かせない」
陸送費用をかけずに無料出張買取で解決しましょう!

⇒無料でかんたん超スピード査定はこちら