廃車にかかる費用と流れ

廃車は損です。というのも・・・


不動車でも買取ってくれる業者がたくさんあるからです!
廃車する前に8割以上の方が査定を受けているといっても過言ではありません。

⇒動かなくなった車を売る場合はこちら

廃車にかかる費用と流れ

不動車,売る,廃車,費用,流れ

愛車を廃車するためには、少なくとも数万円の
費用がかかると考えた方が良いです。

 

 

それを防ぐためには、オンラインの無料一括
査定サービスを利用して、複数の買取業者に
査定価格を提示してもらうことが効果的です。

 

 

その上で、廃車しなければならなくなった場合に、
ここで廃車にかかる費用と流れについて説明します。

 

 

>当サイト訪問者の93.7%が利用している不動車の一括査定サイトはこちら

 

 

廃車にかかる費用

 

  • 自分で廃車手続きをする方法
  • 業者に委託して廃車手続きをする方法

 

 

ここでは、主に自分で廃車手続きを
する際にかかる費用を説明します。

 

 

永久抹消登録

 

・自動車リサイクル料

 

7000円〜20000円

 

※リサイクル料を支払い済みの場合、無料です。
※普通自動車、軽自動車、外車により料金が異なります。

 

 

・引き取り料金

 

0円〜30000円

 

※車の状態によって料金が異なります。

 

 

・スクラップ料金

 

0円〜30000円

 

※買取業者に交渉すれば無料になる場合が多いです。

 

 

・廃車手続き料金

 

無料

 

一時抹消登録

 

・引き取り料金

 

0円〜30000円

 

※業者がナンバープレートをはずす際にかかる費用です。
※自分でナンバープレートをはずすのは
違法行為になりますのでご注意ください。

 

 

・廃車手続き料金

 

350円

 

 

 

解体を専門業者に頼む場合、最低10000円かかります。

 

 

また、行政書士などに依頼して書類の作成が必要になる場合、
書類作成代行費用2000円〜10000円程かかります。

 

 

>いますぐ不動車を高額買取してもらうならこちら

 

 

廃車の流れ

 

  1. 廃車手続きをするための書類を準備する。
  2.  

  3. 運輸支局に行き、抹消登録申請書手数料納付書を受け取る。
  4.  

  5. ナンバープレートを返却する。
  6.  

  7. 窓口にて書類一式を提出し、抹消登録証明書を受取る。
  8.  

  9. 廃車手続き完了。
  10.  

  11. 運輸支局と同じ敷地内にある自動車税

    事務所にて、自動車税の抹消申告を行う。

  12.  

  13. 加入の保険会社に連絡し、自賠責保険の解約を行う。

 

 

自賠責保険の期限が残っている場合には、
保険料を返還してもらうことができます。

 

 

不動車,売る,廃車,自賠責保険,返還保険料の返還は解約日からの計算になりますので、
廃車手続きを済ませたら早急に解約手続きを行いましょう。

 

 

以上のように、廃車には多くの時間・労力・費用が必要です。

 

 

不動車専門の買取業者に愛車を売ることで、
廃車費用がかからない上、手続きも業者が
タダで行ってくれるメリットがあります。

 

 

廃車するつもりだったのが、買取業者に数十万円で
売却できたという方も珍しくありませんので、一度
試しに査定してもらうことをおすすめします。

 

 

>廃車するより絶対にお得に車を売るならこちら




愛車の査定は相見積もりで!


不動車の一括査定サイトを利用すると
業者の間で買取競争が起こるので
高額査定に結びつく可能性が大幅に上がります。


ズバット車買取比較

ズバット車買取比較,不動車,売る

累計利用者数60万人突破!

・150社から最大10社から査定できる!
・業界最大手のガリバーが参入!

ズバット車買取比較,不動車,売るズバット車買取比較の査定・詳細はこちら





UcarPAC(ユーカーパック)

ユーカーパック,ucarpac,不動車,売る

最大2000社の入札で超高額買取!

・営業電話がこない!
・個人情報が本当に流れない!
・査定は1回!自宅またはガソリンスタンドで!

ユーカーパック,ucarpac,不動車,売るUcarPACの査定・詳細はこちら




かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド,不動車,売る

自宅でいますぐ愛車の相場がわかる!!

・信頼と実績ある東証一部上場企業の一括査定サービス
・交渉が苦手でも高価査定で売却ができる!

かんたん車査定ガイド,不動車,売るかんたん車査定ガイドの査定・詳細はこちら



さらなる査定額アップを目指す方は、
この3つを一緒に利用すると間違いないですね。